日本动漫歌曲交流群

【银魂为例】隐藏在动漫中的日本价值观

沪江日语 2019-06-20 12:22:11
点击上方“沪江日语”订阅我们。
导语

说到日本,自然不得不提风靡全球的动漫文化。曾经被日本人“弃如草履”的动漫在20世纪80年代末轻易地打开了别国的大门,至今仍在各地爱好者和民间团体间流行着,这背后到底隐藏着什么?


米国の文化人類学者ルース・ベネディクトの著書「菊と刀」の中に、第2次世界大戦中の日本人について次のような描写がある。

美国人类学者露丝·本尼迪克特在作品《菊与刀》中对战后的日本做出过如下描述。


“日本人既好斗又和善,既尚武又崇美,既蛮横又有理,既刻板又善辩,既温驯而又不愿受人摆布,既忠心耿耿又容易背叛,既勇敢又怯懦,既保守又易于接受新的方式……”


これは、同著の中の非常に有名なくだりだ。戦後すでに70年経つが、恐らく日本にとってこれは、今なお続く「呪い」の言葉である。これは、日本と他国・地域を完全に切り離すものであり、そこに存在するのは「異質」であって「同質」ではなく、「個性」であって「共通性」ではない。日本は長年各分野で日本の国の新たなイメージを打ち立てようとしてきたが、残念ながら世界的なイメージはすでに70年前に定まってしまった。

这段被我们奉为经典的论述,对日本来说却是一个已经长达70年也许还会持续更久的“诅咒”,它将日本与他国彻底地区别开来,只有“异”没有“同”,只有“个性”没有“共性”。虽然日本一直试图在各方面重建日本国家形象,但无奈早在70多年前就在国际上被定了型。


新たな道を切り開くしかない日本は、歌舞伎や茶道、華道などの伝統文化を担い手として文化輸出を推進した。しかし、日本がこれで満足するわけがない。伝統文化の海外での普及が表層的な目標であるとすれば、日本の特色ある「核心的価値観」を海外に普及させることが日本にとっての長年の願いだからだ。しかし、実際の状況はそれほど順調とは言えない。第2次世界大戦の歴史的事実が残した後遺症のため、各国は日本に対して警戒心を持ち続けている。

日本只好另辟蹊径,将歌舞伎、茶道、花道等民族文化作为载体进行文化输出。但绝非仅此而已,如果说“民族文化”在海外的传播只是最表层的目标的话,那么将日本特色的“核心价值观”推广到海外则一直是日本的夙愿。但实际情况却不那么一帆风顺。由于二战等历史事实留下的后遗症,各国对日本都保持着警惕。


「日本」や「日本人」の鮮明な個性である「核心的価値観」を凌駕するものにいたっては、各国が婉曲に謝絶している。このため、「核心的価値観」の「脱個性化」は日本が解決しなければならない難題となっている。

至于凌驾于“日本”、“日本人”之上“个性鲜明”的“核心价值观”,各国更是敬谢不敏。因此“核心价值观”的“去个性化”成为了日本亟待解决的大难题。


しかし、チャンスはいつも偶然によってもたらされるという言葉がある。日本は伝統文化の海外普及の推進に阻まれた後、文化輸出の分野において長らく控えめな態度をとってきた。唯一例外なのが、アニメ・漫画とゲームだった。この2つのジャンルの海外普及は政府や市場の介入がないまま、各国のファンや民間のグループ間で密かに流行していた。1980年代末、日本アニメは世界に影響を及ぼし、国際メディアの注目を集め、日本全体に衝撃を与えた。軽視していたアニメ・漫画がこんなにも簡単に海外の扉を開けるなんて信じられなかったからだ。間もなくして、日本政府が介入し、パッケージを新たにした日本のアニメ・漫画がアニメ文化外交というスローガンの下、世界中の多くの国で広く受け入れられた。

而所谓机遇总是基于偶然性。日本在民族文化的海外推进受阻后,在文化输出方面一直保持低调,但唯一的例外是动画及电子游戏。这两项的海外传播并没有经过政府或市场之手而是在各地爱好者和民间团体间悄悄流行着。直到20世纪80年代末日本动漫的海外影响受到了国际媒体的关注,这才引起了整个日本的震动,他们甚至不敢相信,曾经被自己“弃如草履”的动漫却如此轻易地打开了别国的大门。很快,由于日本政府的介入,被重新“包装过”的日本动漫打着“动漫外交”的口号在全球的很多国家光明正大地登堂入室了。


では、日本のアニメはどのようにパッケージ化されたのか?アニメの純真で可愛い見た目の背景に何が隠されているのか?

那么,日本动漫又是如何进行“包装”的呢?它们纯真可爱的面目背后到底隐藏着什么?


日本はこれまでの失敗から教訓を得てきた。一つ目は伝統文化を一つ一つの「文化的記号」に分解し、各アニメ・漫画の隅々に散りばめたことだ。例えば、美味しい寿司や華麗な着物、満天に乱れ散る桜の花、どこでも見られる温泉文化など。あるアニメ作品で描かれる物語は長期にわたり、日本の1年にわたる風習が描かれている。春の花見、夏のお盆、秋の紅葉狩り、冬のこたつ、正月の神社参拝などだ。飲食からは日本の日常生活の風習が見てとれる。それはほぼすべてを網羅しており、目立たずに民族文化のイメージを構築している。

日本吸取前几次的教训,一方面将民族文化分解成一个个“文化符号”,四散在每部动漫作品的各个角落。如可口的寿司、华美的和服、漫天飞舞的樱花、随处可见的“泡汤文化”,有些作品由于时间跨度比较大,甚至会将日本一年的风俗习惯都展示一遍:春天的赏樱大会、夏天的盂兰盆节、秋天的红叶、冬天的被炉和大年初一的神社参拜等等,从饮食到穿着再到日本的日常生活风俗,几乎囊括了各个方面,从而不显山不露水地完成了对民族文化形象的构建。


次に、価値体系の中でも他国との共通性をできる限り強調していることだ。たとえば、各国の文化的要素などを取り入れると同時に、個性の部分を隠し、脱構築の手段を使って、核心的価値観を再構築している。

另一方面,尽可能地强调其价值体系中与别国具有“共性”的部分,如吸收各国文化元素等,同时“隐藏”其“个性”的部分,以解构的手段实现核心价值观的重构。


この面で日本に最も満足な回答を与えるとしたら、「銀魂」などの日本の熱血アニメがあげられる。中国で圧倒的知名度を誇る日本の国民的3大アニメである「NARUTO―ナルト―」「ワンピース」「BLEACH-ブリーチ-」ではなく、「銀魂」を例にあげるのは、典型的ではない典型性を備えており、より説得力を持っているからだ。「銀魂」は、SF時代劇で、熱血歴史ギャグアニメであり、「ハチャメチャなギャグ+熱血バトル+シリアスな時代劇」が主軸となっている。そのスタイルやストーリー、キャラクター設定などはすべて他の熱血もののアニメ・漫画とは大きく異なる。このため、「銀魂」は、日本熱血アニメの異端であり、非典型的な存在だ。しかし、作品には日本の核心的価値観の「脱構築」と「再構築」が大量に含まれており、非常に典型的な要素を持っている。しかも、非常に賢い、他の典型性とは異なる熱血アニメの手法をとっている。おそらく、この非典型性ゆえに、「銀魂」の海外輸出が非常に好調を示しているのだろう。

在这方面给日本交来最满意答卷的便是《银魂》之类的日本热血动漫。之所以以《银魂》为例而非选取在我国极出名的所谓“三大日本国民动漫”(《火影忍者》、《海贼王》和《死神》),是因为它具有非典型性中的典型性,更具说服力。《银魂》是一部以科幻时代剧为题材的热血历史搞笑动漫,“荒诞搞笑+热血战斗+严肃历史”是它的主打牌,风格、情节及人物设置皆与其他热血动漫大相径庭。因此可以说《银魂》是日本热血动漫界的“异类”,具有非典型性。但作品中依然蕴含了大量对日本核心价值观的“解构”与“重构”,又具有典型性,且应用手法之高明绝非其他“典型性”热血动漫所能及。也许正是由于其“非典型性”显著,《银魂》的海外输出尤为顺畅。


「銀魂」は全編を通してパロディの手法が用いられている。江戸時代に襲来した黒船のペリーを異星人に変えるなど、幕末から明治維新の時代に生きていた歴史上の人物をパロディ化している。異星人の襲来によって現代化のプロセスが加速化されるため、作品には江戸時代の最も顕著な時代的特徴のほか、テレビ、コンピューター、航空機などの現代の技術を駆使した産物も頻繁に登場する。これは、江戸時代のパロディであるだけでなく、同時に現代社会のパロディでもあるのだ。しかし、江戸時代の空にUFOを見た時、日本の武士の隣に大手を振って歩く石瀬仁の姿を見た時に、我々はこの世界が幕末の日本なのか、それとも現代の日本なのか、あるいは未来なのかわからなくなる。「銀魂」は時空を超えたパラレルワールドのスタイルで、同時代の人物や事件、作品の引用に対して、パロディや揶揄(やゆ)あるいはギャグといったゲーム的な手段で自己を脈絡のない高みの位置に押し上げていく。しかし、非論理的で凡庸に見える作品の中に、非常に論理的でシリアスなものが含まれている。それが、武士道だ。「日本の核心的価値観の魂」と呼ばれるものだ。

《银魂》通篇使用了戏仿的手法,把历史上入侵江户的美国人改编成外星人,把原来生活在那个时代(幕末至明治维新)的主要历史人物改头换面。又由于外星人的入侵加速了现代化的进程,作品中的江户时代除了保留了一些最显著的时代特征外,电视、电脑、飞机这些现代技术的产物也成了稀松平常之物。这不仅仅是对江户时代的戏仿,同时也是对现代社会的二度戏仿。但当我们看到横行在江户天空的外星飞碟,在潦倒的日本武士旁大步流星的外星人,我们又会质疑这到底是幕末的日本,还是现在的日本呢?抑或是某个未来?《银魂》通过时空错乱的方式,对同时代人物、事件、作品的引用、戏仿及其他诸如吐槽、恶搞等游戏手段将自己推向无厘头的“至高”宝座。然而在这看似毫无逻辑的庸俗作品中藏有一个合乎逻辑的严肃东西,那就是武士道,一个名为“日本核心价值观之魂”的东西。


「銀魂」が持つ特殊性は、決して例外ではない。他の熱血アニメ・漫画も一連のポストモダニズムの手法を通じて、武士道や団体精神、集団意識などの価値観を現代性の中に存続させるスタイルを展開している。大衆が最も好むお気楽さと教訓を含まない物語の中に、核心的価値観は完璧に組み込まれている。ほとんどの人、特に青少年はこれに対して全く抵抗力を持たず、ほぼ手も足も出ない状態となる。さらには、知らぬ間に、その魅力にはまり込んでいく。これは、まるで奇跡のような効果を持つ再構築の方法であり、この有効な手段はハチャメチャなスタイルであろうと、シリアスなスタイルであろうと、脱構築に向けて思いのままに運用されている。

《银魂》有其特殊性,但它绝非个例,它和其他日本热血动漫通过一系列后现代手法,以武士道、团队精神、集团意识等价值观在现代性中得以存续的方式而展开。在受众最能适应的轻松并且毫无说教意味的叙述中,核心价值观天衣无缝地被嵌入其中,而大部分受众特别是青少年对此毫无防备,且几乎无还手之力,甚至有些还麻木无知、乐在其中。这是一种有奇迹般效用的重构,而它的法宝正在于对解构驾轻就熟的运用中,以荒诞的方式也好,以决绝的方式也罢。


本文翻译为沪江日语原创内容,转载请说明出处。如果你觉得这篇文章不错,欢迎分享给小伙伴们~


相关推荐
·动漫盘点:十大死鱼眼角色
·《银魂》之坂田银时经典语录
·日本漫画家和他们不为人知的画室
·负伤系帅哥的时代到来:痛并帅气着
·二次元书单:为你打开异世界的大门
点击下方阅读原文马上查看